陶芸 平松龍馬

アンモナイトや鉱物などを作品のテーマにしており、 魅惑の輝きを持つアンモナイト、鉱物の渋さそのようなものの表現されています。
 

器作りとしては、何の料理を盛るか、何を入れるかなどを想像しながら作り、 その中でも特に重きを置いているのが酒器。平松氏が気に入る酒器は、使う前からお酒の香りがしそうな魅力的なもの。そんな作品作りを目指されています。

土の質感が手に伝わり、大地のぬくもりを感じます。平松氏の作品を是非、手に取ってその質感を楽しんでみてください。